« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

高岡市本丸会館の現状について

平成22年3月28日(土)
 本会などでは、高岡市本丸会館の現状を把握するため、専門家による現地視察を実施しました。
 この取組みを企画したのは、本丸会館本館が、高岡市の取り組む世界文化遺産登録活動や歴史まちづくりにおいて、欠くことのできない存在であるとの立場に立ち、市民自ら勉強するためのものである。
 今回の取組みでは、西澤英和氏(関西大学環境都市工学部建築学科准教授)をお招きして、建築物の耐震面での所見などをいただきました。
 西澤氏は、ユネスコ国際学術委員会の委員、首相官邸や原爆ドームなどの保存委員会のメンバーを努められるなど、歴史的建造物の耐震についての権威である。
 様々なコメントをいただきましたが詳細の紹介は今後に譲るとして、第一報をお伝えいたします。

以下要旨

戦前のRC造建造物は、現在の建築基準でも十分通用する基準で建築されているので、そもそも耐震性において劣るという解釈は間違いである(例えば、広島に多くの戦前RC造建造物が残るが、原爆の威力にも打ち勝ったもので、戦前日本の建築技術の優秀さが物語るのである。)。本丸会館についても同様である。

正面側に窓が多く壁面が少ないのではという点については、十分壁面を確保し耐震壁としているので耐震面での不利な点はない(壁面に対する窓の面積に十分配慮がある。)。

背面にみられる複数の亀裂は、RC造建造物が正常に経年変化している状況である。このような亀裂が生じていることこそが、本丸会館が現状においても良好な状態にあることの証である。現状で施工されている亀裂の補修については、耐震面についての正確な解釈を行わないで実施されたまったく無意味な補修である。

建造物の構造に影響を及ぼすような亀裂などは生じていない。

このように西澤英和氏の所見にあるとおり、耐震面での問題がない建造物であることが、確認できた。

本会では、鋭意市民の財産である高岡市本丸会館の保存活用に向けて取り組んでいくこととしております。

| | コメント (0)

定例会開催について

4月開催予定分

4月8日(木)

19:00~

ウイングウイング高岡5階交流スペース

4月22日(木)

19:00~

ウイングウイング高岡6階交流スペースA

いずれも参加無料

会員の皆様におかれましても、最近の活動状況は?もっと情報を得たい。などなど

ご意見を頂戴している所でございますが。

メールやブログ上でお伝えできない情報も多くございますので

是非、直接定例会にご参加いただきますようお願いいたします。

| | コメント (0)

定例会開催します

平成22年3月25日(木)

19:00~

ウイングウイング高岡6階交流スペースA

参加無料

是非ご参加ください

| | コメント (0)

定例会開催します

平成22年3月11日(木)19:00~
ウイングウイング高岡6階交流スペースA
定例会をいたします
参加無料

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »