« Eネット高岡市長との話し合い~橘慶一郎高岡市長保存活用に前向き発言 | トップページ | 花見&見学会開催 »

市民のコンセンサスを如何に得るのか?

昨日皆様方にお伝えしましたEネットでの橘慶一郎高岡市長の発言のうち、「市民のコンセンサスを如何に得るのかが課題でしょう」との由、どのように取り組むべきか?

ここで主張させていただきたい。

富山県・高岡市が展開する世界文化遺産登録活動

文化庁世界文化遺産特別委員会により、今後も提案自治体において活動する意向がある場合には、提示した課題の解決をすることを背負わされた。

近世にはじまり近代に発展を遂げた商工業都市の証明が不十分!!

近代化の象徴のひとつは電力産業!!

この観点をとらえた本会の先日の要望活動は、中心的存在として高岡電燈株式会社本館(現高岡市本丸会館本館)は位置づけられるべきものであることを主張させていただきました。

ということで、現時点で、世界遺産をめざす高岡市民の会に賛同されている以下の皆様方は本丸会館本館の保存活用に賛同していることになっているということです。

高岡市本丸会館本館(旧高岡電燈株式会社本館)の保存活用に結果的に賛同されている皆様方は以下のとおり

富山県・高岡市・世界遺産をめざす高岡市民の会

http://www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/sekaiisan/index.html

会  長 高岡商工会議所会頭 南 義弘
副会長 2名  常任理事 22名  理 事 35名  監 事 2名
事務局 高岡商工会議所

会員数 5,878 個人・団体

(個人 5,665 企業・団体 213)(平成20年11月1日現在)
   

団体・企業会員名簿リンク↓

http://www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/sekaiisan/ka2-meibotop.html

個人会員名簿リンク↓

http://www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/sekaiisan/ka2-meibo-k01.html

皆様方の多大なるご支援に感謝いたします。

既にコンセンサスは得られております。

|

« Eネット高岡市長との話し合い~橘慶一郎高岡市長保存活用に前向き発言 | トップページ | 花見&見学会開催 »

⑤ 連絡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Eネット高岡市長との話し合い~橘慶一郎高岡市長保存活用に前向き発言 | トップページ | 花見&見学会開催 »